施工管理の求人はどのようなものがあるのか

“施工管理の仕事は、建築物を施工する現場を管理する仕事で、工事の工程を管理したり、人員や重機の配置や手配をしたりすることから、現場の監督業務まで広く含まれます。加えて、安全管理や衛生管理の責任者としての職務も任せられることが多く、現場の安全が特に重視されるようになった昨今では一層責任のある仕事になっています。こうした施工管理の仕事は、あらゆる建築現場で求められる仕事ですが、求人としては、道路や橋梁や河川等の土木工事現場の施工管理者、新築改築改修などの建築施工管理者、空調や電気の施工管理者、給排水設備や衛生の施工管理者、というように管理の内容が大まかに明示されています。どの施工管理でも、工事関係の書類作成や工程表の作成から現場監督、安全管理までが施工管理者には求められています。

施工管理の求人に応募するために持ちたい資格

施工管理士の仕事は、工事現場を監督する重要な責務になるので、国家資格になっている施工管理技士が必要になります。「施工管理技士」には、土木の施工管理技士や、管工事の施工管理技士、建築の施工管理技士というように、数種類かに分かれていて、それぞれ1級と2級があります。求人には、必須資格として「土木施工管理技士」の1級または2級、というように限定されていることもありますが、多くは「施工管理技士」となっているので、応募できる求人は多数あります。もちろん複数の管理技士の資格を取得していれば、それだけ任務に当たれる現場が広がることになります。また、資格を取得しても、はじめは管理技士の補助としての仕事からのスタートになることが多いですが、まずは現場経験を積むことが大切なので、どんどん応募していきましょう。

施工管理の求人は建築に特化したサイトで比較

施工管理の仕事は、施工管理技士の国家資格の保有が必要となる現場を管理統括する仕事です。そのため、正社員や派遣社員としての求人が多く、実績を積んでいくと、高い年収が期待できる職でもあります。施工管理の求人は様々な求人情報から得ることができますが、建築現場に特化した求人サイトや施工管理業の求人サイトで検索した方が、仕事の内容や待遇を詳しく比較することができます。施工管理に特化した求人サイト同士もよく比較してみると、どういう人材を求めているのかより詳しく掲載されているサイトや、年齢や経験に応じた具体的な年収例が明示されている企業などの情報も得ることができます。施工管理の資格取得を目指して建築現場で働きたいと考えている場合は、施工管理の技術を学ぶ研修等が充実している会社に応募すると早くスキルアップを図れます。