希望通りの施工管理の求人を探す方法を教えます

施工管理の仕事は資格の仕事です。施工管理技士という資格があり国家資格となっています。この資格を持っている方で、今の職場に不満がある方は、ぜひ建築関連専用の就職求人サイトを覗いてみてほしいです。またいわゆる仲介をしてくれるサイトもおすすめです。こちらは職安や求人サイトには掲載されていない会社と提携していることがあり、競争にはなりますが、お願いをすることは可能です。また仲介サイトは企業として建築会社に関して、就業の実態や、仕事の内容なども調査していることが多いですので、参考になります。正社員として働くことに不安がある方は派遣登録という方法もあります。派遣と正社員は働き方や福祉などの利用できる制度など雇われ方が違いますが、生活スタイルに合わせた働き方を考えるきっかけになります。

施工管理の資格を持っている人もいない人も求人はある

建築関連は現在人手不足となっており、いつでも忙しい状態ですから、人材確保は大変需要なテーマとなっています。建築関連でお仕事をしていた方で、施工管理に興味がありその道に行きたいという方でも、全くの未経験の方も、ここから現場での勉強や試験勉強を経て資格取得をバックアップしてくれる会社の求人もあります。今は景気が良いわけではないですが、建築関連は忙しく、また職人と呼ばれている方たちは高い年齢層の方が多くなっている時期になっています。バブル期やバブル以前の高度成長期から日本を支えていた方たちも、定年を迎え現場を去っている方たちが多くなり、長期的に建築関連で仕事をしてくれる人材の確保がテーマになっています。国でも建設業働き方改革加速化プログラムとして若手技術者の増加の後押しをしています。つまり興味がある、やってみたいとやる気がある方たちにとって、今はまさにチャンスの時期となっているのです。

新人も経験者も求人があるのか施工管理の職場にメリットがあるから

同業種の経験者の方を企業側が採用するメリットは、別会社の情報ややり方を学べる点や、技術として1から教える必要がないので教育期間が短い時間で済むので人材育成の費用が安くすみます。つまり即戦力やそれに近い状態を期待されているということです。では未経験の方を採用するメリットといえば、やはり会社のやり方を学びながらの資格取得となるので、会社に合わせた仕事の仕方と知識を身に付けてくれるという点です。また若手層は長期的に会社に居て、長く会社を支えてくれるという期待もあります。施工管理の資格は一つでは無く6種類ありますので、会社に沿った資格を持っていてくれるということは心強いものです。もちろんどのような施工管理技士の資格でも、必要になるものなので、理想の会社の求人を見つけても、少し分野が違うとあきらめず頑張ってほしいです。